読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「誹謗中傷」と「批判」は違う~「批判」には耳を傾けて~

ブログ 考え方

互助会が持ち上げてるのか、はてブでときどき目に付くこちらのブログのこのエントリを読んだ。

読んで驚いたのは「荒らし」「炎上」を気にしないための手段として「ブログを辞める」という選択肢が挙げられていなかったこと。どう考えてもこれがいちばん効果的なのだけど、これが挙がってこないということはブログを辞める気はさらさらないんだろうな。辞めない限り、どうしても付きまとってくる問題ではあると思うのだけど。

言及されていた記事のブコメは全く読んでいません!(笑) ネットイナゴの罵詈雑言なんぞ、いちいち読んで消耗していられないですからね。

「荒らし」や「炎上」が気にならなくなる5つの方法 - 人生いつも三日ボーズ

「無視」も悪くない。悪くないが、ここまで徹底するくらいならなんでブログやってるんだ?という気がしなくもない。何のためにインターネット上に文章垂れ流しているんだ?読んだ人のコメントを無視してまで自分の心の安寧を保ちたいなら公開する必要なんてないはずだ。わざわざ公開しているのだ。そこにはそれだけの理由があるはずなのだ。だったら「荒らし」や「炎上」の問題から目をそらし続けるわけにもいかないはずである。読み手のリアクションを無視し続けた結果、読者がいなくなるなんてことも十分にリスクとして想定できるからである。

ちなみにid:ysk_wtnbが「ネットイナゴの罵詈雑言」と認識して無視しているブックマークコメントの中には「画像を無断転載している」「画像の出典を明らかにしていない」「出典元やリンクを明示していない」といった内容が含まれている。これらが無視できる内容ではないことは明らかだ。本来ならばこれらのコメントに目を通し、不備があったことを認めた上で記事を訂正するか削除するのが誠実な態度であると思う。もっとはっきり述べると、そうしていないid:ysk_wtnbは不誠実であると私は考える。

さて、少し話を変えよう。
互助会ブログと広告収入について触れたこちらの記事を紹介しておく。

互助会関連や小銭稼ぎのブログ界隈は、互助会的なところから発生してるから市場性もないし、規制が入る様子もないんですよね。野放図に好き勝手やってても小銭は入る可能性があるというのは、お世辞にも、円滑な社会生活は送りにくい人が出来上がっちゃう可能性があるわけです。まぁ逆に言えば「真っ当な社会生活が送りにくいタイプの人でも小銭程度なら稼げる」と言いかえることもできるわけですが、これは結構高い位置でリスクとリターンがバランスする、危険性が高い仕組みだと個人的には思います。

痴漢されない女子特有の特徴なんて、ありませんよ - 長い感想
自己批判も市場修正も規制もなくて、小銭だけ欲しい人たちが集まるSNSって、結構、地獄感が高くないですかね。リアルな社会だって、市場性もなく規制もない場所には、安全や健全やのどやかさなどは期待できないのに。
痴漢されない女子特有の特徴なんて、ありませんよ - 長い感想

全文をまるごと引用してしまいたくなるほどに深く共感したエントリである。

id:ysk_wtnbも記事にアドセンス広告を貼り付けている「お小遣い稼ぎブロガー」の一人だが、この指摘をどう受け止めるのであろうか。

id:ysk_wtnbの記事を読んだ限り、どうも「誹謗中傷」と「批判」を混同しているような印象を受けた。たかがブロガーといえども、情報の一発信者である以上、他者からの批判を真摯に受け止める姿勢が求められるべきだと考える。